洗ってこそ、ダウンシュラフなんです。

シュラフは洗ってはいけない!と思っていませんか?

ほとんどの登山者が今やダウンシュラフを使用しているにもかかわらず、汚れていてもなんとなく「保温性が下がりそう」、「高価なモノだから洗うなんてコワい」という方が多いのではないでしょうか。
実は汗や油でダウンがくっついてしまっているものを、洗うことにより、もとのホワホワのダウンによみがえります。毎回洗う必要はないですが、汚れたら洗う方がシュラフのため、そして、あなたのためになります。汚れたシュラフで我慢して寝ていても快適ではないですもんね。そこで正しいダウン シュラフの洗い方を紹介します。

正しいダウンシュラフの洗い方

ダウンシュラフの洗い方

Made in Japan

永久保証

Made in JAPANのなせる技

ナンガのシュラフであれば、
無料にて修理させていただきます。

ナンガのダウンシュラフは修理費用を無料で、しかも、期間を限定せずに、永久に保証いたします。なぜこのような保証ができるのか? それは、ナンガが長年にわたるダウンシュラフの生産を通じて得た、独自のノウハウと、数々の実績による自信があるからなのです。

※永久保証は、ダウンシュラフのみ有効です。
※送料はお客様のご負担となりますので、ご了承ください。
※永久保証に関する詳しい情報はホームページにてご確認ください。
メールフォームでのお問い合わせ

LINE UP

噛み込み軽減パーツ

噛み込み軽減パーツ

NANGA × YKK 共同開発

シュラフを扱う際、極薄の生地をファスナースライダーが噛み込み、開閉を行えなくなる懸念や、強く噛み込んだ場合に、生地を傷める可能性があります。
その問題を軽減させるため、YKKの特殊パーツをファスナースライダーへ取り付け、噛み込み原因となる隙間を減らし“生地の噛み込み発生軽減”と、噛み込みが起きた際の“生地へのダメージ軽減”を実現しました。更に、素材に樹脂を使用し軽量化(パーツ重量1.6g)、暗闇でも開閉操作をしやすい様に蓄光機能を付加しています。

一切の妥協も許さない、信頼のMADE IN JAPANブランド、NANGA(ナンガ)